×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビール 種類

MENU

スポンサードリンク

ビールの種類

上面発酵ビール
比較的高温(20度前後)で発酵を行います。
それが進むと発酵液の表面上に浮かび上がってくる酵母を使用することから、上面発酵ビールと呼ばれる。
淡色 ペ−ルエ−ル マイルド、ブラウンライトストロングなどの種類がある。
淡色ピルスナ−より香りが濃く、ホップの苦味が強め。
ケルシュ 淡色で飲みやすい。上面発酵の香りがする。
ヴァイツェン バイエルン地方のフルーティーな小麦麦芽ビール。
イ−ストが残っていて白濁している。
トラピスト ベルギーとオランダの修道院で造られている。
アルコ−ル度数は強め。
中濃色 ブラウンエ−ル 苦味が弱くて甘い口当たり。
アルコール度数やや低めで赤褐色のビール。
アルト 「アルト」は古いを意味しています。
ラガービールができる前の製法なのでAltと呼ばれます。
苦味が強いビールです。
濃色 スタウト 高温度で培燥させた麦芽を使用。
香ばしく深い苦味がある。
アルコール度数高め。
ポーター 非常に苦く黒色のエール。
現在多くは下面発酵で醸造されている。

下面発酵ビール
5℃程度で発酵させます。
発酵の終わり頃にタンクの下に沈む酵母を使用する発酵方法なのでこう呼ばれます。
淡色 ピルスナー チェコのピルゼン地方発祥。
まろやかでホップの香り、きめ細かい泡が特徴。
日本のビールはこのタイプが多い。
アメリカンラガー コーンや米などを副原料に使用したライトテイストビール。
炭酸ガス多めで清涼感がある。
エクスポート ホップ多めで、日持ちするようアルコール度数高め。
中濃色 ウィンナー ウィーン麦芽で醸造されたオーストリアの琥珀色ビール。
濃色 ミュンヘナー 19世紀後半にミュンヘンで発達した濃色ビール。
ホップが少なく麦芽の香りが強い。
苦味は控えめ。
ボック 香りは強いが苦味は少なく、アルコール度数高めのビール。

自然発酵ビール (ランビック)
20度位の高温で、酵母を添加せず空気中の微生物を利用して自然発酵させる。
   ランビック 自然発酵ビールの総称。
2年近く熟成発酵させるもの。
強い酸味で味わい深い。
グーズ、クリークなどという種類がある。

その他にも沢山あるが、それに関しては各自調査!!
ThreeQuestions 出水聡 FXランキング